アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 高級そうに見えるAPS | メイン | 美しき真鍮とルサール »

2011年7月27日 (水)

スエード呼び

P879 
当ブログ恒例の呼びネタです。

先日、スエード調のジャスピンコニカを話題にしたところ、こんな青いスエード調のコンパクトカメラが入って来ました!

これは後から貼ったものかな~?という疑念は、付属のケースで晴れました。青色のケースにもカメラと同じ「Makinon」の表記があるので、貼り革も純正と考えて間違いないでしょう。

「Makinon MK-Ⅱ」というカメラなんですが、これと似たカメラを見た記憶があり、過去にもネタで取り上げたよう気もしたのですが、、、見つからない。調べていると、ペトリCF-35というモデルがこれに酷似しているのが分かりました。

それで思い出しました!かつてうちの店で見たのは、ペトリブランドでは無くて他のブランド名のOEM品。常連のペトリコレクターさんにペトリCF-35とセットで保存しておいてくださいな~とお譲りしたとこまで思い出せました。

それにしても、面白いデザインで「どこ向いてんだよ?」と言いたくなる内蔵ストロボが傑作です。使用時はちゃんと前を向くんですけどね。

機能面でも面白いところがあるカメラで、露出計を内蔵しているんだけど露出不足時にランプが点灯して警告するだけ。2段階手動切り替え式のシャッタースピードも、4段階手動切り替え式のレンズ絞りも、ランプが点灯しないように自己責任でマニュアル操作しないといけません。