アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ベビーローライ | メイン | リコー 24-40mm »

2011年6月21日 (火)

ネオカ ズノー

P751 
面白いものです。先月、こんなコメント付きの買取り依頼がありました~と紹介したことがあったのですが、その中に「ネオカから外したズノー」というコメントがありました。

そしたらこの前、長徳先生が東京大周遊中!?に立ち寄られた時に持参されていたのが、「ネオカに付いたズノー」いや、「ズノーが付いたネオカ」でした。

1960年発売の「ネオカS」と刻印されたこのボディには、ズノー4.5cmF1.8が付いています。

年代モノの金属カメラで、デザインもそれっぽい雰囲気なのに、案外とコンパクトで軽量でイイ感じ。シャッターボタンまわりもライカっぽいし。

しかし、長徳先生に言われてシャッターを巻上げてみると、なんだか、妙にトルクがかかり、分割巻上げ出来ないのにずいぶん大きなストロークが必要。これはこれでいいのかもしれませんが、軽量コンパクトなイメージとはちょっと相反してる。。。

軍艦部に刻印された「Neoca-」の赤い「」が、クルマのスポーティーグレードのようで、これもイイ感じ。

一番大事な!?描写ですが、長徳先生曰く「じゅうぶん良く写る」とのこと。