アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 第3回「クラカメ雑談会」 | メイン | 撮影不可なフィルム »

2011年5月21日 (土)

メカメカしい

P659 
「マミヤ16オートマット」、ボディにはAUTOMATICと刻印されていますが、オートマットと呼ぶ方が一般的見たいです。

名称にもあるように「16」ミリフィルムを使うカメラ。16ミリフィルムの入手や現像などの現況を考えると、「使う~」カメラとしては、かなり手間がかかるのが現実。

しかし、このカメラを見て「欲しい!」と思う人、案外と多いようです。

まず、見るからにメカメカしい造りに惹かれ、次に、フィルムを入れなくとも、シャッターをチャージして切る、シャッタースピードダイアルを回す、メーターを読む…などなどの操作感や操作音が実に楽しめるんですね。

重厚でシッカリと造られたボディは、工業品とはいえ芸術品のような趣さえ感じられます。

私は、このマミヤ16オートマットと、8ミリシネカメラのアルコ8スーパーテクニカ(画像内、後方のカメラ。こちらに関連記事)に、そのメカメカしさに相通ずるものを感じます。調べると、発売時期は1959年頃でほぼ同時期の日本製。当時の日本のモノ造りに感心させられます。

どちらのカメラも、たとえ撮影しなくても所有する満足感を十分に満たしてくれる逸品だと思います。