アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« From FRANCE | メイン | 世界の中古カメラ市 »

2011年2月 9日 (水)

GA645

P382 
フジのGA645というカメラは、ブローニーフィルムを使う中判カメラとしては、珍しく全自動カメラを謳っています。

ピント合わせ不要のオートフォーカス機能に、露出は絞りもシャッタースピードもどちらもオートなプログラムAE機能、フィルム巻上も自動のオートワインディング機能などなど。近年の135mmカメラであれば、どれも当然に近い機能であるのですがね。

さて、先日、その「GA645」最初期型を持ち出して撮影をしました。まだフィルムを全部撮りきっていないのですが、重大なことに気付いてしまいました!

私が使用した「GA645」と、それ以降の「GA645i」などの間には、「オート」にまつわる機能面で、とある違いがあったのです。

後発の「GA645i」などは、フジフィルムのバーコードシステムに対応していて、フィルム感度と、120か220かの設定が自動なのです。

それを知らない私は、先日の撮影でフィルム感度の設定をまったく気にしないで、フィルム装填し撮影をしていたのです。

フィルム感度の設定なんて、近代のカメラでは「カメラがしてくれること~!」と決め付けてしまっていた自分が恐ろしい、いや、恥ずかしい。

ただ、中判カメラでは後期のGA645が例外なだけで、普通は感度を気にしなければいけないこと。また、フルマニュアルなカメラでは、感度をもとに露出を決めなきゃいけないのは当たり前だし、AE機能が付いたカメラだって、フィルム感度は設定しないといけない時代もあったわけです。。。

最後の最後にした私の言い訳は、「中途半端にオートなカメラは煩わしい。。。」