アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« フィルム圧板 | メイン | 濃い~フィルム派 »

2011年1月26日 (水)

ペンタの30mm

P349 

「SMC PENTAX 30mmF2.8」。非常に珍しいレンズで、非常に珍しい焦点距離です。

そういえば、ペンタックスには珍しい焦点距離のレンズが数種存在します。MF時代に120mmや150mm、そして、この30mm。AFになってからも31mm、43mm、77mmなんてのがあります。

さて、この30mm。下には28mm、上には35mmという一般的な焦点距離が存在します。どういう使い方をするのか、また、わざわざ造ってしまった経緯も不明ですが、今となっては、その珍しさだけで使ってしまいそうなレンズです。

さて、ペンタックスのデジイチにマニュアルレンズを装着した際、手ぶれ補正機能を使用する為には、焦点距離を液晶画面で設定しなければなりません。「ところで、30mmなんてあるのか?」と、K-xで確認してみたところ、ちゃんとありました!

さすが!ペンタックス!旧ユーザーを大切にする伝統がありますからね。