アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« シャッターが切れるタイミング | メイン | OMの丸紐ストラップ »

2010年3月31日 (水)

DOMKEのバッグ

IMG_1874

カメラバッグで「DOMKE(ドンケ)」といえば、マニアの間ではステータスの証しともいえる一ブランドです。

その理由の一つに、プロの過酷な使用環境にも耐えうる頑丈な造りと生地が挙げられると思います。こんな話を聞いたことがあります。DOMKEのバッグを提げていると、擦れる上着やズボンの生地がドンドンとヤツれていく…と。また、長年の使用でバッグ自体に増してくる貫禄(擦れや色あせ)も魅力だったりするのです。

逆にこんな見方をする人が多いのも事実。新品まっさらなDOMKEのバッグを使うのは少し恥ずかしい~と。下ろしたての靴を履いていると、なんか浮き足立っているようで落ち着かないのと似た感覚でしょうか。

で、こんな想像をしてしまいます。新品を買っていきなり洗濯機に放り込む人や、地面に叩きつけたりする人もいるのではないか・・・と、そんな話を先週土曜日のがらくた市に来られたお客さんと話題にしていました。

上の画像のDOMKEは、その二日後、はるばる香港からご来店いただいたお客さんのものです。実に使い込まれています。まっさらの状態から、洗濯機に放り込んだりせずに、ここまで使い込んだそうです。

上着やズボンと擦れる内側の生地は、衣服の色が移ったりしたのか変色気味だったりしますが、それも貫禄のうち。普段よく着られているという緑色のコートに加工された防水コーティングが擦れて移って、DOMKEのバッグにも防水効果が発揮されているらしく、少々の雨なら大丈夫!!とのこと。

バッグと並んで提げられたライカM4も、実に使い込まれた風貌が渋いです。このお客さん、2階アローカメラで使わなくなったカメラ・レンズ・アクセサリーを手放してくださり、1階我楽多屋でジャンク探しをして行かれました。

お話を伺うと、香港でうちのブログを読んでくださっていて、地元のカメラ仲間にブログを英訳して見せてくれたりしているそう。いやいや、海を越えて異国の地でも読んでいただいているとは!実に励みになります。カメラ遊びは万国共通ってことですね!

DOMKEのバッグについては、販売店さんのこんなサイトを見つけました。面白い内容なので是非チェックしてみてください→http://www.carryingcase.net/domke/intro1.html

コメント

この記事へのコメントは終了しました。