アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« コインパーキング | メイン | 写真コンテスト »

2009年1月27日 (火)

Viviter 35EM

2009127

先日、とある常連さんが「こんなカメラを手に入れましたよ!」と言いながら、カバンから取り出されたのがこのカメラでした。

「Viviter 35EM COMPACT」。

ブラック外装とそのデザインから、ちょっと見た目ではプラスチック製のようですが、手に取ってみるとズッシリした金属製ボディ。レンズの下にあるレバーを操作すると、出たり引っ込んだりする沈胴タイプのレンズは35ミリF2.8。引っ込んだ時には、レンズカバーが出てきて外敵からガードされるうえ、軍幹部のシャッターボタンも収納されてツライチになります。

コンパクトながら、金属製で凝縮された感のあるその造りは、まさに私が好むタイプのカメラです。実は常連さんもそれを見越されていて、「以前、2階の我楽多館にコレクションを展示されているのを見ていたので、これはぜひと思って・・・」とのこと。そう、見せびらかされたのです!!(笑)

このカメラの詳細について・・・とググッってみましたが、検索結果に日本語のサイトはありませんでした~。よって読解不能・・・。

見た目で分かる範囲では、絞り優先オートのカメラであること、フィルム巻き上げは手動、ピントは目測ってことくらい。どことなく、京セラ製コンタックスのコンパクトカメラTシリーズに似た佇まいで、レンズまわりはミノックス35に似た雰囲気もあります。

見知らぬ魅力的なコンパクトカメラを見せびらかされた私は、その反動で。。。重~い!金属の塊りのような「ニコノスV」にフィルムを入れて持ち歩いてます。