アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« そうとう古いキヤノン | メイン | 引伸ばし機 »

2008年10月31日 (金)

コンデジ壊れる

20081031

このブログにアップする画像のために毎日のように使用している、パナソニック製のコンパクトデジカメの調子がおかしくなりました。

液晶画面が異常に暗くなり、ほとんど何も見えない状態。。。いちおう、撮影行為をしてみて、パソコン画面で確認したところ、撮影はちゃんと出来ているのだけど。

撮影済み画像を液晶画面で確認出来なくても、いっそ、フィルムカメラの如く使えばいいか!と思ったけど、ボディーにファインダー自体がないので、フレーミングすることが出来ません。。。

しかし、面白いもので、この異常に気付いた時に「え~っ!壊れた~!こんな急に壊れるものか!」と口走っていました。

かつてのフィルムカメラ(特に金属製機械式カメラの時代)と違って、デジタルカメラは使い捨て品に近いものであることは知っています。壊れたら、買い換えです。

また、たくさんの中古カメラを扱っていますから、機械モノが壊れることも知っています。当たり前だけど、壊れる直前までは使えていて、壊れた途端に使えなくなることも・・・。

しかし、ずいぶんと呆気なく、突然に壊れたものだから、ビックリ、ガックリ、不信感・・・と感情が推移したわけです。だって、落としたり、ぶつけたりした覚えが全然ないものだから。

昨日のブログは、上の画像で壊れたコンデジと一緒に写っているニコンクールピクス5000で撮りました。今日は携帯で撮った画像です。