アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 機械式カメラをリハビリに | メイン | ロッコールPF100ミリF2 »

2008年7月13日 (日)

コレは何でしょう?

2008713

このクイズはかつて、お店で何人かの常連さんにしてみたり、田中長徳先生には画像入りのメールで出題してみたことがありました。さすがに、長徳先生は即答正解でしたが、カメラ写真好きの常連さんでも即答できる人はほとんどいませんでした。もちろん、私も名人に教えてもらうまでは分かりませんでした。

ヒントはカメラに関するもの、撮影時に使うもの。

???????????????

正解は「チェーン式の一脚」です!

以下、説明は長徳先生のコメントを拝借させていただきます。

「カメラの底部にネジ込んでおき、チェーンを地面にたらして、これを足で踏みつけて、チェーンを緊張させ、ブレを少なくするアクセサリーで、もともとドイツの小メーカーなどで製作されていました」(東京キララ社発行の我楽多屋で買ったモノ・マガジンより抜粋)

フィルム性能の向上で高感度フィルムでも粒子が荒れなくなったり、手ブレ防止機能なんてのが開発されて、どんどんと手ブレの心配から解消される傾向にあるのでしょうが・・・。今あえて、機械式フィルムカメラを使って楽しもう!なんて人類には、こういうアイテムは魅力満点じゃないでしょうか!?

実際に使うかどうかは別にして、話のネタになるし、アクセサリー感覚で持ち歩くだけでも楽しそうな感じ。残念ながら、製品としてはかなり昔に製造終了しているようだし、実は当時人気がなかったために流通量も少なく中古品で探すのも困難極まりないと思われます。

しかし、ちょっと器用な人なら自作も可能かと。カメラの底ネジにねじ込むタイプのストラップの金具部分に、ハンズあたりでチェーンを探してきて繋げればOK。チェーン収納用のケース(上記画像では茶色の革製)を工夫すれば、かなりオリジナリティ溢れるアクセサリーとして主張できるかと思います。

↓こんな感じでチェーンを突っ張ってカメラを固定します。

2008713a