アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 大口買取り~! | メイン | PAX Golden view »

2008年4月30日 (水)

親子で銀塩

2008430

昨日、常連さんが息子さん(小学校6年生)を連れてご来店されました。朝一で浅草に行って撮影(親子で撮り比べ)をして来られたそうです。お父様の肩からは「コンタックスRTSⅡ」に「プラナー50ミリF1.4」付が提げられ、息子さんの肩からは「ペンタックスESⅡ」に「タクマー50ミリF1.4」付が提げられていました。あえて、同じ焦点距離、明るさのレンズを選んできたとのこと。ボディーもちょうどどちらも「Ⅱ型」。

ちなみに、息子さんの方のESⅡは先日のがらくた市でお父様が買って行かれたモノ。

いろいろお話をさせていただいていると、息子さんが銀塩カメラに興味を持ちながら撮影された様子がとても新鮮でした。それを楽しそうに見つめるお父様の様子もとても印象的でした。ちょうど入荷したばかりだったタクマーの広角35ミリをボディーに装着して、ファインダーを覗いたときの息子さんの喜びように、お父様の財布の紐もゆるくなり、見事お買い上げいただきました。

そうこうしていると、息子さんが時間を気にしだしました。我楽多屋に来店する前に四谷三丁目のパレットプラザに現像を出して来たらしく、その出来上がり時間が迫ってきたことにワクワク・ドキドキしはじめているのです。自分の撮影結果が楽しみで仕方ないのだとのこと。帰り際、「撮影結果が良かったら、またお邪魔するかもしれません・・・」とお父様が言いながら出て行かれました。

1時間後くらいでしょうか。お2人が再来店。お父様がコンタックスで撮られた写真と、息子さんがペンタックスで撮られた写真がそれぞれミニアルバムに収められているのを拝見させていただきました。あえて、お2人で同じようなカットを撮って、撮り比べが出来るように撮影されていました。お父様の方はちゃんと撮れていて当然!?として、息子さんの方もピンボケや手ブレがほとんど無く立派な写真が撮れていましたし、我楽多屋で購入1週間後のペンタの描写もツアイスに負けないくらい。

撮影結果を見て息子さんのヤル気はますます上昇していて、それを喜ぶお父様の気分もさらに上昇。二回目の来店時には、サン製のM42マウント望遠ズームもお買い上げいただきました。「何で今日はお前のものばかりで、俺が欲しいものは何も買えてない・・・」と楽しそうに愚痴をこぼされていました。

親子で共通の趣味や楽しみを持って遊べる・・・なんてとても素敵なことですね。最近の若い子は何故だかフィルムカメラに関心を持っている子が多いようなので、チャンスですよ!お父さん!